声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
バースデーメモリR25
2010年10月04日 (月) | 編集 |


品川駅、港南口。

昼間暑かったのが嘘のような涼しい海風が吹く。
時間は22時。

長かった一日もついに終わりが近づいている。


目の前にたたずむ男性二人。
大富豪ケンジ・ロック氏とその従者さん。

ケンジ・ロック氏の手には虫籠。
マジでか?

「アナタハ?」

オーケー。外国の富豪設定なのね。

「細羽蒼真ッス」

「ノーノーノー。自分ガ何者ナノカ、ラップ調デ説明シテ下サイ」

きたぁ。。

最終関門はそっち系ね。

もぅ。
やりますよ。

「俺の♪名前は♪、、、」
「ノーノーダメ。声が小さい、全力で。」

ちっ。
辺りをキョロキョロ。

「、、周りに怒られそうな人いないよな?よし、門起!ボイパ頼む!」

「え?ヤダよ、てかあまり寄らないで!」

薄情な兄貴だ。
まぁここまできたらやりますよ?俺は!


、、、



「OKデハアナタハ何ヲシタイノカ、演歌調デドウゾ」

、、こうなりゃヤケだ。


もっと大きく!コブシをきかせて!

リテイクは多かったが伝えたのは次の通り。

―今日、貴方の依頼でその虫を探してました。でもそれはあってはならない虫。
俺に譲ってくれませんか?

「何言イマスカ?コレハ私ガ5億デツイ先程ヤット手二入レマシタ。偽物持ッテ来ル人モ大勢イマシタノデ、欲シイ言ッテタ女ノ子ニ格安デ偽物ノ方、譲ッテアゲマシタ。ォー私商売上手!」

―そこを何とか、、

「マァ、貴方ノ言イ分モ分カリマス。デハ、コウシマショウ。今日貴方ノシテキタ事ト30歳ヘノ抱負ヲ、大キナ声デ、オペラ調デ唄ッテ下サイ。見事私達ノ心ヲ打テタラコノ虫、差シ上ゲマショウ。」


成る程、最後に相応しい課題スね。

そして夜の品川駅に俺のソウルが響き渡る!

♪♪♪♪♪
♪♪♪

見つめる門起が俺との距離を更にあけていたのが少々気になった。


――――、、、


目から、、というかサングラスから涙を流すケンジ・ロック氏と従者さん。
手に目薬が握られていたのは俺は知らない。

「スバラシイ!!イイデショウ、虫ハ差シ上ゲマス」

あっさりキャリーフライを俺に渡して去って行く。


誕プレに5億の虫かぁ。。富豪は違うねぇ。
転売、、くぅ。

正義の見方はツラい。

「そ、蒼真く~ん」

門起が俺の背後を指差している。

「ん?」


そこには、、


派出所だぁぁぁぁあ!!


俺の真後ろ、丁度死角にそれはあったのだ。初めから。

「門起~っ!早く言えよこのやろう!!」

「悪りぃ!でも蒼真、ここは一刻も早く、、、逃げるぞ!」

「、、ガッテン兄ちゃん!」


、、、


「ところで蒼真、そういやキャリーフライどうした?」

「あ?コレ?門起見ろよ、一応元専門家だろ?俺本物見たことねーもん。」

「よし。どれどれ、、、おー!」

「どうだ門起?」

「こりゃ本物だ」

「マジでか!?」

「おぅ、本物のクマゼミだ!」


「セミかよ!?」

「馬鹿言っちゃいけないよ?こりゃ東京じゃ滅多に、、」

「ぐぐっ、、こんなものの為に、、!」

「蒼真くん?」

「てめぇ、門起、最初っからキャリーフライなんかいねぇじゃねーか!つか、カレーライスとかどんだけ聞き間違えてんだよ!!」


「ギャア!ごめんよ蒼真~、まぁ俺達兄弟だろ?多目にみようぜ?たまにはこんなこともあるって!いゃあ、兄ちゃん大失敗☆」


俺の行き場のない怒りが頂点に達する直前門起のポケットから封筒が落ちる。

「?何だこれ?」

「ぁーっと、、パチンコね、、ちょーっとだけ調子良かったんだよねぇ、、、」

「許す!」

「ぇ?」

「サンキュー門起ーっ!」

「コラ待て!蒼真返せ!!」

「門起、早くずらかろうぜ!」

「待てー!」


俺は門起からのおこずかいを手に再び走り出す。

みんなの待つパーティー会場へ、、


妃乃から無事運転免許証GETのメールが届いたのはその道すがらだった。


END



バースデーメモリR26エピローグへ
スポンサーサイト
バースデーメモリR24
2010年10月04日 (月) | 編集 |



蒲田に到着すると俺のケータイが鳴った。

門起からだ。

「蒼真~助けてくれ~」

「何言ってんの?忙しいんだけど」

「パチンコ言ってたらさぁ、綺麗なお姉さんがいて、わぁ~、綺麗だなぁって思ってたら捕まっちゃった」

「死ね!」

「今縛られててさ、お前が来てくんないと服、一枚ずつ脱がされちゃうんだよね。まぁそれもアリかも知れないけど、、ゲヘへ」

「蒼真、あいつは見捨ててはダメか?」

とセセリ。

「まぁそれもアリかも知れないけど、、ゲヘへ」

どちらにしろ向こうさん、俺をご指名のようだし、リクエストには答えましょ。
駅を出ると目の前にパチンコ店。店内には、、門起の姿はない。

どこだ?

「ホソバソウマー!!!」

振り向くと謎の着ぐるみ!
あぁ、俺この流れ知ってるよ、、走るんだよなぁ、やっぱり。


あ、逃げた。

くそっ!

夜の商店街を走る着ぐるみ。それを追う俺とセセリとお弟子さん!

幸い人の影は少ない。

ウ゛ィィィン、、



門起からの電話だ。


「蒼真~今どの辺~?」

「うっせ!向かってんよ!」


追跡すること10数分。
たどり着いたのは駅のすぐ近く。

「ハァハァ、、お前、何故走った!!」

「フフフ、、」

着ぐるみ達の奥から真っ黒なドレスに身を包んだ一人の女性が現れる。

「君は、、よーこちゃん!?」


「違う。私の名前は、、」


、、ゴクリ。


「ヒカサだ!」

「、、あ、うん、よしテイク2いってみようか。じゃ、今度本番な。」

「うるさーい!私は始祖ヒカサ!この世に始祖は私だけでいい。勝負だぁ!!」

、、申し遅れました、俺始祖ッス。
子供の頃に色々ありまして。

「わかったわかった、何で戦うの?」

「ポージング対決だ!私達3人のポージングを一度見た後忠実に再現してもらう!」

「こっちも3人でいいよね?皆体ちょー動くぜ?」

「ダメだ!、、(腹心がゴニョゴニョ)いゃ、いいみたいだ!」

ボスキャラ、頑張るんだ!

「その前に、、ちょっと私も着ぐるみ着させて、、」

何故わざわざ残念な格好したがる?

あ、そうだ

「セセリ、やっちゃおうぜ!実力行使だ!」

「ま、待て!こういう時は待つのがヒーローだろう!!?」

むぅ。
今日さんざん俺ちんヒーロー♪とか言っちゃったしな。


「よし、勝負!」


バッ、バッ、バッ!

各々繰り出すポージング。
、、ギリ覚えた、、と思う。

「よーし、やってみろ!」
バッ、バッ、バッ!
どうだ?

「貴様!何だそのポージングは!」

まさかのNGは何とセセリ。

「私達の動きはそんなにキレてない!ナメるなぁ!!」

もう、何言ってんのこの人。

その後、バッチリニュアンス(?)も決めて俺達の勝利。

ふぅ。

その時、縄から解き放たれた門起が腹心の一人(女子)に襲いかかる!

「セセリ、実力行使で。」
「任せろ」

ザシュ。
撃沈する門起。


ヒカサが呟く

「細羽蒼真、なぜ私達にトドメを刺さない?」

んじゃあ、、

俺は懐からラーバルメモリ用の注射を取り出す。

「キャリーフライはどこで手に入れた?」

「品川だ。今ならまだ間に合うかもしれない。急いだらどうだ?」

プスリ。
始祖(?)ヒカサの記憶を書き替えた。

「ラーバルメモリが効いたってことはキミの力ってのは偽物だったのかな?とりあえずメモリに関する記憶、いじっときましたよっと」

さぁ、残るは今回の依頼主、謎の大富豪に直接会ってお話ししてみましょ。

キャリーフライが本当にいたとして、誰かの手に渡るなら何とかしないと。


つか、今日一日の労働代と経費は誰か出してくれんのかな?

イザというとき、真っ先に門起をブン殴る為、グッタリノビている兄貴を引きずって俺は品川へ向かった。

いよいよ、ファイナルステージ!



バースデーメモリ25へ
バースデーメモリR23
2010年10月04日 (月) | 編集 |
蒲田へ向かう道すがら、セセリと状況の整理をする。

人の体を流れ記憶を支配するナノマシン、ラーバルメモリ。
ラーバルメモリを自在に操る存在始祖。
人間に始祖の力を与えるキャリーフライ。
キャリーフライを自身の一年の記憶と引き替えに産むタマオイ、妃乃。

妃乃が俺のそばにいる以上そうそう新しいキャリーフライが世の中に出回るもんじゃない。

「珍獣カレーライスを探せ。」
朝、門起から聞いた依頼内容だ。

「カレーライス?違う違う、カキフライだ。いゃ、キャキフライだ、俺達が追っているのは」

そういえば中華街で怪党あかほりデラックスが言っていた。

は?

もしかして、、
壮絶な言い間違いと聞き間違いってこと?
中華街で外国の発音が上手く聞き取れず苦労した。
マ、マソビョ?


あー、依頼主やら怪党達の情報を又聞きするたびにキャリーフライがカレーライスにまで変化したってか?

正直言うぞ。

くるしいです!!!


ってことは、キャリーフライは実在するのか?
それが今回の事件の結末になるのだろう。



バースデーメモリ24へ
バースデーメモリR22
2010年10月04日 (月) | 編集 |


「そうはいかない!」


あ、これ残念ながら俺のセリフじゃないの。

颯爽と現れたセセリとお弟子さん!

「これを見ろ」

「あ、妃乃!、、に襲いかかるモジャモジャバイヤーと悪そな人達!」

そして、、

「怪党エグリバのとーちゃん!?」

本名古賀解。
伝説の怪党にして俺のオヤジ。妃乃に恋したロリミドル。

あれ以来消息不明だったけどいやはや、親の有り難さを知る蒼真君です。

「あーあ、また俺の負けかぁ。古賀め。。」

「残念だったね」

「蒼真ぁ、名残惜しいが俺は虫探しの旅に出ることにするよ」

「気をつけて」

「お前もなぁ」

「珍しい虫、見つかったら教えて下さいね」

「フフフ」

夜の展望デッキを一人去ってゆくこのみさん。
最後までヘビーな記憶ばかりなのに、
彼女の未来にほんのちょっぴりの幸せがあってもいーんじゃね?
なんて思える俺は懐の深い男だ。


よし、これで妃乃は安心っと。

残る不安はキャリーフライと始祖の噂か。
あれが残ってるとめんどーだもんね。

「アレ?どこ行くんだ?次」

「蒲田だ。」

とセセリ。

成る程。
どこぞの大富豪が出した依頼は全国の怪党達を奔走させ、その筋のネットワークの本日のトップニュースなのだった。

急ごう。



バースデーメモリ23へ