声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
僕の声は誰にも届かない
2011年09月08日 (木) | 編集 |

いや、憂鬱な気分になってしまったとかではなく、物理的に届かなくなりまして(^-^;


携帯で通話をしますと、相手の声は聞こえるけど僕の声は届かない。

つまりマイクが壊れたのですな。


携帯屋さんへ行ったところ、ニ択を迫られました。

「負担額5100円でマイク部分の修理をするのと、5200円で新しい電話と取り替えるのはどちらがよろしいですか?」


はぃ?、、何を言っているんだ?


確かに今使っている電話に思い入れはありますよ。
でも別におばあちゃんの形見とかそういうのじゃないし。

「じゃあ取り替えでお願いします」

「ですよね」

お互い苦笑い。

まぁ形式ってのは大事です。
だってこの携帯がもしも、、以下略


僕の場合、何やら保険に入っていたらしく、更に保険の適用をしたことが無いらしく、更に更にポイントが貯まってたいるとかでして。
無料での取り替えに。

更に更に更に。
僕の機種は業者さんの在庫が丁度無いとかで、今使ってる携帯より新しいもの3種類の中から好きな機種を選んでね☆
とのこと。

スマートホンは気になるけどまだ踏み出す気になれない僕には有り難い限りです。
新機種に替えると一定期間替えられない的な縛りがないのが何より嬉しい♪

ということで、今の携帯に何ら不満の無い高城は、純粋な後継機を選びました。
ガラパゴス生活延長イェイ。

P-01A→P-07Aと、ちょっとパワーアップしたようです☆

ついさっき手元に新しい機体が届きました。
そんな訳で、この携帯からアップするブログはここまで。

次回からは新しい機体でお送りいたしますぇ~

早く仲良くならねばなぁ。
スポンサーサイト
ばーみりおんおーだー 舞台裏
2011年09月08日 (木) | 編集 |
舞台裏その1

キンケロシアターの楽屋は小部屋で区切られていて、、

楽屋1ん?
楽屋2、、あれ?
楽屋3ちょっ
楽屋オチじゃあどこにいろと(笑)

皆の視線をいつも一手に集める愛しき彼。
羨ましくもあり、、羨ましくもある。
また一緒に演ろーぜ!

舞台裏その2

あてんしょん
「長物・巨人注意」

舞台セットの裏。
旗や槍を持った隊士はその高さからお客さんに見切れてしまう為、この注意書き。
でも、一部の方は普通に立つだけで頭が出ちゃうのだ。
そう、今回「機動戦士」「火の七日間を耐え抜いた」などの異名を欲しいままにしたあの人だけは、、
う、羨ましくなんかないんだからね!
因みに棒使いの山崎(高城)が通っても残念ながら問題なし!
山崎烝 Vermilion Order
2011年09月08日 (木) | 編集 |
ぁい。
二度目の山崎烝くんでございました。
実は新撰組の中では年長者でありまして、今回の設定では28歳の彼。
とはいえ、年齢での序列はあまり気にせず演じさせていただいておりますです。

さてさて、今回山崎を再構築するにあたり、いただいた演出は、
「寄留記の山崎とは変えて欲しい」
ということでした。

作品が作品ですので、環境変われば人柄も違ってくるだろうということで、台本上もアドリブも結構汚い言葉使いになりました。
序盤は主人公の可愛らしいお友達キャラとして登場し、実は腹黒く主人公をハメるという、、
彼の特徴を一言で言うなら
「多面性」
人間誰しも持っている多面性を短い中で一気に出せる美味しいキャラクターなのでした。

先ずは善と悪。

今後の山崎の成長も考え、後半シリアス展開になる辺りではある意味フラットに。
序盤での善悪も彼なりの処世術なのではないかな?



何となくいつも一緒にいるけど、喧嘩も多く真逆の行動をとる大石鍬次郎とは隠れ阿吽のような関係性だったように思います。

行動が先に来る大石。
思考が先に来る山崎。

戦った結果「やってられるか」と戦線離脱する大石に対し、山崎は早々にトンズラ♪


片手にはめたグローブ(手袋)も大石と左右対照になっていました。

グローブは各キャストが自由に細工してよくて、各々のこだわりがよく出ていたのです。
ぐー
ちょき
グー、チョキ。
この状態で見るとまっさらな良い子っぽく。
ぱー
でも残りの三本指は切れ込み入れたはっちゃけ使用。
指には黒のマニキュア。
表裏、それとアンバランスさを出してみた!

グローブなし
グローブを取ると普段見えない指にもマニキュア。
表に見えない彼の芯の部分は一つ決まっている、、的な?

誰にも伝わらないこだわり。
何となく、こういう部分の積み重ねで役のルールみたいなものを決めていく高城です。

寄留記っぽくなくと初めに言われたものの、パラレルワールドに生きていても山崎の核になる部分は実は寄留記のスタート時点位とほぼ同じになりました。
彼の誠はどこにあるのか?
今後が楽しみです☆