声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
劉備玄徳
2014年09月20日 (土) | 編集 |
メゾン高城のカテゴリーは長く付き合った役に対して思ったことを覚え書きの意味も込めてたまーに書く、
そんなやつです。

ほっとんど三国志を知らない僕が何故か一番好きな君主様。
小学生の頃、三国志のゲームをちょっとだけ遊んだことがあって、
曹操や董卓で始めると楽なのにムキになって劉備使ってた。
劉備のことも知らないのだけどね。。ご縁ってやつですかね?

品行方正で、長男で、カリスマ性があって、光の雰囲気を纏ってて、、
のぶさんは「イケルイケルー」と言ってくれてたけれども、本番直前まであーでもないこーでもないと
照準が定まらなかった彼。
最終的には真っ直ぐに、我がままに、兄弟に頼りきり、他キャスト様に頼りきり、衣装やメイク、舞台セットからインスピレーションを受け全力で拘りを捨てたら降りてきてくれた。

本番を終えても自分の力で舞台に立った感じが全くしない、きっとこれが正解なのでしょう。

また一つ大事な感覚を教わりました☆

大好きな仲間達に囲まれてる幸福感が半端ない作品でしたねー

久保田唱さんの本は独特の言葉遣いが印象的でした。
特に好きだったのは一、二、三人称の丁寧さ。
劉備の一人称は基本は「ワシ」だったんじゃないかなぁ
出来た子なので殆どの場合「ワタシ」だったけども。
董卓に対して我を忘れた時だけ「オレ」だった。
「オレがこいつを斬るぅぅーー!!」
ごちそうさまです(笑)

相手を呼ぶ時の、「お前」「そなた」の使い分けも素敵だったなぁ。
小龍とのシーンはこれでもか!ってくらい「お前」「そなた」の繊細な会話でしたねー。

兄弟達からの劉備3段活用、下へ行くほど好感度高し☆

「劉備どの」
「兄上」
「玄徳ーーーー!!!!!」

ウケル。
「I」や「YOU」に収まらない日本語ってなんてエモーショナルなんでしょ。
中国のお話だけどさ。


そして天命問題。

演じていた高城元気個人としては、天命という考え方は最後までいまいち納得できるものではなかったのが本音ですね。
共感しづらいのは僕が現代人だからでしょう。
自分の中に一つ思想がある。
よく見ると周りの環境はそれに適している。
チャンスではあるかもしれない。
しかし大きな思想を貫く際に、同じくらい大切な今を切り捨てる必要がある。
と。
僕には「天命である!」と口にすることで揺らぐ心を縛り付け、覚悟を決めていたように思えるんですよね。
て、天命じゃぁぁぁぁあ!!、、、だって、なぜならゴニョゴニョ、、
こんな流れが多かったような?
その辺が人間らしいような気もするのです。

時代的に、演出的には本来「天命」とはもっと本能で割り切れる普通のことのようでしたので、稽古の中でのぶさんに細かく我がままを提示していたつもり(`・ω・´)
最終的な心の割合はひーみつ☆

「俺は何も捨てねぇ!今も、これからも全部まとめて任せとけ!それが俺の天命だぁぁぁ!!」

とか言っちゃいたかった。

生まれてこの方、髪形オールバックでいることって初めての経験でした。
顔がくっきりはっきり見えちゃってるから何かとゴマカシ利かないの(;・∀・)
そんな劉備ヘアーをバシッと決める為に、メイクさんが使って下さっていたのが
『丹頂チック』
って整髪料でした。
歴史ある男の!整髪料だそうで、何とも、、パパの香り(笑)
何回洗っても、何日経っても消えずにほんのり香る劉備の香り。
さすがにもう殆ど香らなくなってきたなぁ~
ちょっと寂しく思う今日この頃。

また会う日まで、ぐっばい劉備さん♪
スポンサーサイト
THRee’S [スリーズ]ヲタク的夜話。剣の行方
2014年09月20日 (土) | 編集 |
出演者であり、THRee’S [スリーズ]オタクな僕がお話の終盤を振り返っちゃう!

いやぁ~めっちゃ楽しかったのだけどさ、一つ悔いが残るとしたら僕、一度もTHRee’S [スリーズ]観てないんですよねーー!!
今公式でアップされてるOPの伊審判、董卓や王允の映像合わせ動画がすごく新鮮だよう。

各所で流れてる皆さんの感想。
「このシーンの○○さんの視線が、、」
とか、
何ソレ!知らないわ私!!(りすぺくてっどBY何后様)

28人、役柄的にはもっと多いよね、それぞれがそれぞれのシーンでどう生きていたのか、知りたいなぁ~
DVD早く完成しないかしらん♪

なので、今は皆さんの方がきっとスリーズ詳しいのだろうけど、、
冒険の書1を最近チェックして下さっていた方へ釈明しておかねばならぬことがあります。それは、、

剣のこと!

最近の記事で何度も
○○!俺の七星剣!!
等と締めくくりましたが、本当は劉備は劇中一度も「七星剣」を持っていません。

劉備の持っていたのは
「代々伝わりし黄金の装飾の剣」

それを星降る夜に伊審判に渡し、時渡りの際、剣に星が降ってパワーアップしたものが
「七星剣」
鍔の形が変化、刀身が若干太く(これは僕の腕力のせいw)あと降り注いだ星が7つの宝飾となり、鞘がより明るい金になっていました。

その「七星剣」を王允(となった伊審判)が曹操に託し、戦いの中部下の卓統へと渡す。
七星剣を持った卓統も星降る夜に時を渡る。
また一段鍔が変形し、二度目の星降る夜を越えた刀身には更に7つの宝飾。鞘は黒く変化し禍々しい赤の装飾が。通称
「14星剣」!

同じ時系列に最大三本の元が同じ剣があったのですね。
星降る夜でその内二本は過去へ。
最後、董卓が倒れた際に14星剣の星も散り散りになり、、
残ったのは元の「黄金の装飾の剣」、、ってことかな?(この辺は空想)

あーーー、なんで写真撮っておかなかったんだろう~~

「我が剣に似ている」
とか
「剣の力はほぼ同じかこちらがやや下か」
辺りは何とも少年の心が躍るセリフでした☆


以下、蛇足的妄想。。。

劉備一行や曹操一行は迫り来る時代に抗って真正面から戦っていた歴史上の人たちじゃないですか。

対して歴史の流れを知り裏で戦っていたのは董卓、王允、母の3人、
つまり星降る夜に同時に絶体絶命の危機に瀕した卓統、伊審判、小龍だと思うとなんともやりきれないところですね。

卓統は歴史の知識を持って自分が天下を取る為動く。
伊審判はいずれ来る董卓の圧政を打破するべく政治を動かしつつ劉備や貂蝉に天命を与える時を待つ
小龍は貂蝉に託された雪梅を育てながら劉備を産み育てる。

三人共に星降る夜以降の知識がないのがミソですね。

母が呂布を刺すシーン、「ずっとついてきていた母親か!」ではなく、
若き小龍が時を渡った後、心配して駆けつけた20数年後の小龍と見るとまた熱い。

自分の子が成長するにつれ「劉備様」になっていく。
過剰なまでに「玄徳」と連呼する。。

母上のスピンオフ面白そうだなぁ

ってことで、

正しい世界への礎となるよう、、THRee’S [スリーズ]を観て下さった方の心を潤しますよう、、
廻れ!代々伝わりし黄金の装飾の剣!!