声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
多本嵐2016
2016年08月27日 (土) | 編集 |
メゾン高城は、長くお付き合いした印象的な役に向き合った時に覚え書き的に書いているカテゴリーです。
自己満足です。
作品を観て気になってた方は「へ~そうなんだぁ」位に読んでいただければと思います。


なるべく8年前を意識せずに作ろう!と思ったけれど、時間が経っても僕は僕でした。
収まりどころが似てたな。
P1000645.jpg  多本嵐2016・悪
嵐2008(左)と嵐2016(右)
髪型とメイクは結構違った。フフフ。


自己顕示欲って殆どの人にあると思うんですよね。
僕は、、やっぱりあります。
演劇周りだけで言っても一生懸命作った自分の分身は是非とも多くの人に観て貰いたいし、
大きな声で「ここにいるぜ!」って叫びたい。
嵐くんのような一見悪役でも、出来たら愛していただきたい。

自分ブランドを確立し、それを他人に認めさせることに使命感?焦燥感?を感じていた嵐くんの気持ちはすっごく分かる。
俺は俺だから!って結構言えないっすよ。
誰かの眼にキレイに映る自分を見ることで安心出来たりする。
だから精一杯輝こうとかする。

対して他者の評価を物凄く受けていて、結果自分を見失ってしまった苦しみ。
嵐とは全く逆の苦悩を抱えた瑛理。

嵐にとっては贅沢な悩み!賞賛の声を受けきれない瑛理を見てイライラ&がっかりでムキーってなりました。
お腹ペコペコな人が、食べきれない食事マジ辛いわぁ~とか言われたら怒るでしょ?(嵐贔屓☆)
こんなのにトップ獲らせてちゃダメだ。
右ストレートでぶっ飛ばす真っ直ぐ行ってぶっ飛ばす
「僕は自分の特性で瑛理より揺るぎない個性を手に入れる」
彼には大切なことだったんです。


瑛理の存在によって人生に明確な目標が出来たこと。
袖梨によって特別を与えられたこと。歪んでましたがね。
理解してくれて、一緒に居てくれる雪女と出会えたこと。
多くの人と積極的に触れ合ったこと。

百鬼夜行は彼の人生に活力と潤いを与えてくれました。
結果死んでしまうことは絶対にNGですし、誰かに危害を加えてしまうのもNGではありますが。。
袖梨によって雪女を倒されたことは因果応報、となるんでしょうか。
嵐の世界の中では袖梨さんが受けたのと同じ位のショックでした。

百鬼夜行の中で自身を取り戻した瑛理と同じく、嵐も一つのゲームクリアの形を迎えたのかなぁ。
いや、やっぱ死んじゃだめだけども!
最後、袖梨へ向けた感情は非常に人間的だった、です。


どんな環境が彼をあの形に仕上げたんだろう?
百鬼夜行に参加しなかったら、、嵐はどうなっていったのかなぁ?
ヤバイ感じで突っ走ったのかな??
ゲームに勝ったらどんな願いを叶えたんだろう?

こんなこといつも考えてたなぁ~


【雪女と百鬼夜行反省会コーナー☆】
戦う!雪女 嵐・雪女ドッギャーン! 舞い上がれ!!

稽古中から本番中まで、舞台裏でシーンとシーンの間の即興会話劇をよくやってました。
個人の役作りを持ち寄ったチーム作り。スピンオフいけちゃいそうな勢い。楽しかった!

今回脚本上追加された「秘密」の要素がワクワクした。
ワクワクしすぎて秘密イビリ?乱用しちゃったのが良くなかった。秘密は黙っとかなきゃなー。

唯一解けると思われる守鶴の主人に呪いをかけたのはついてなかった。

真夏の雪女って相当不利だったんじゃないかなぁ、、お疲れ様です。。

属性攻撃通らない七人ミサキさんまじチート。

でもうちの妖怪が最強だぁぁ!!
次は勝つぞ!!

8年ぶりのスリフレ。
もし次がまた8年後だったら僕は、、43歳か!!??
高校生出来たら流石にこっちが妖怪だゎん。
スポンサーサイト
百鬼夜行・後夜祭?リフレイン
2016年08月27日 (土) | 編集 |
『SLeeVe-RefRainスリーヴ・リフレイン』

スリフレ集合・凛

無事終幕致しました。

連日激しく変化する天候の中、劇場まで足を運んで下さった皆様には感謝の気持ちで一杯です。

頂き物の画像ですが、、

狐、嫁入りしすぎ

コン!

日本列島が狐になってる。。うへぇ!
公演期間中に接近した台風4つ、、とは。
さすがSSS級妖怪!妖力ハンパないすねぇ、、


スリフレは僕にとって一つの始まりの作品であり、8年前の初演後からずっと心のデスクトップに有り続けた作品!
今もう一度同じ役で、しかもすっごい共演者・スッタッフ様と一緒に作り上げた時間は、それこそ最高の白昼夢を見ているようでした。
うーーーん、楽しかったぁぁぁぁ!!
そんな作品を多くのお客様に面白いと言っていただけて、本当に本当に嬉しいです☆


欲って言葉にはついつい悪いイメージを持ってしまいます。
でもきっと欲そのものは必ずしも黒くない。
寧ろ真っ白なんじゃない?と思いました。
当事者にとっては欲は希望。
欲求を満たす為に人は成長だってするでしょう?
違う希望を持った人達が集まって主張しあうから喧嘩になっちゃう。

変なの~。

欲、心の闇が妖怪として現れたはずの妖怪は良い奴ばっかりでした。
皆主人想い。
言葉を話さない餓鬼でもそれは同じで。
あんなに傷つきながら戦ってくれちゃう。

、、なんの得があるのだろう?

とか思っちゃう僕はやはり人間なのです。
あ、パートナーの雪女さんは「色んなものを見たり遊んで回るのが楽しいのじゃ」と言ってました。

雪女・モフリ

ゲームセンターではUFOキャッチャーとプリクラにご執心だったようです。
せめて楽しくいてくれたらいいなぁ。


さて高城、こんなにもハッピーな公演を終えて尚、欲は尽きません。
無限だ、無限なんだよう。
日々、己の欲と向かい合い次の百鬼夜行に備えたいと思いまっす☆

スリフレ集合・賑

皆様!ありがとうございました!!
心地よい戦火の中より
2016年08月18日 (木) | 編集 |

『SLeeVe-RefRain』
無事初日を終えまして本日2日目です!

昨日のジトジト猛暑の中ご来場いただいた皆様有り難うございました!
今日のジメジメ雷雨の中ご来場下さる皆様、有り難うございます!!!

初回のステージに立ってみて今さらながら成る程こう言うお話しか!と再確認した次第です。
1ステ終わる度に作品を思った時間が昇華されていくようで嬉しくて、ちょっとさみしい♪

今日も百鬼夜行、勝ってきます。

http://ticket.corich.jp/apply/75252/110/
↑明日以降のご予約用です。
本日19時~の回の観劇をご希望の方は当日券にてご案内致しますm(__)m
六行会ホールへの道♪
2016年08月17日 (水) | 編集 |




新馬場駅へたどり着くことができましたなら、必ず「北口」から出ましょう!


もうホールへの案内が貼ってありますね。
矢印にしたがって左を見ると、、


公衆電話の隣にまた貼り紙!
これまた矢印にしたがって階段を降ります。

目の前の大通りを左へ進みます。
大通りを挟んで右手側と、歩いてる道のちょっと先左手側、両方にセブンイレブンのある状態です。

左手側セブンイレブンの角の横断歩道を渡ったら左へ曲がります。

そのまま50メートル位進むと右手に六行会ホールの入り口がありますよー!
スリフレ予約フォームについてと、もにょもにょ
2016年08月17日 (水) | 編集 |
明日から始まるスリーヴ・リフレイン
下記のフォームにてご案内しておりますが、ご予約は各回前日の23時59分までとなるそうです。
それ以降は当日券でのご案内となります。
http://ticket.corich.jp/apply/75252/110/

台風は明日の開演までにスッキリしているといいなぁ、、

今日、ペアの妖怪と話してたのです。
本番とほぼ同じ環境で進む場当たりはそこに立っているだけでどんどんインスピレーションがわくって。
稽古していたお芝居が目に見えるようになっていく、、と言うと変な表現だけど。
場当たりながらも微調整やちょっと演出いただいたりして、ますますブラッシュアップしていってます。
寝て、起きたらいよいよ本番。
勝つぞ!色んな意味で!

あとそうだ!!!!
観劇中は空調がもしかしたら、あるいは、、ともすれば、、ちょっと涼しすぎるかも知れません。
1枚羽織るものがあると安心です!!
どうぞ宜しくお願い致します(>人<;)
スリフレ上演時間について!と諸々、、
2016年08月16日 (火) | 編集 |
こんばんは~深夜の更新♪

昨日、六行会ホールへ小屋入りしまして舞台セットの設営や楽屋の準備をお手伝いしてきました♪
、、と言っても、本当に荷物を運んだり掃除したりくらいしか僕には出来なくて心苦しいいのですけども(;´д`)

先ほど、完成したセットの写真が送られてきてワクワクが止まりませぬょ!

公式からのアナウンスがTwitterなどであったようですが、こちらでも改めまして。

『SLeeVe-RefRain』、上演時間は2時間15分を予定しております。
カーテンコール等を含めましても2時間30分には収まるかと思います。

また今回は終演後ロビーにてお客様の送り出しを致します。
すぐに衣装から着替えて出ていきます!
しかしながら、マチネ(昼)公演はソワレ(夜)へ向けて、
ソワレ(夜)公演は撤収へ向けて非常にタイトなスケジュールになってしまうと思います。
本来であればお一人お一人ゆっくりお話しさせていただきたいところですが、、、
きっと飛び回るように徘徊する高城をどうかお許し下さいマセ!!!


日付変わって今日は一日場当たりです。
衣装、メイクをフル装備して、稽古場で作ったお芝居と実際のセット、音響、照明のすり合わせをする日です。
新たな要素は作品のイメージを更に立体化してくれます。
楽しみ楽しみ♪

初日、千秋楽をご希望の方は少々お急ぎめで!
良い感じ(?)のお席を!という方は平日がオススメです♪

http://ticket.corich.jp/apply/75252/110/
なぜなに☆スリーヴ
2016年08月08日 (月) | 編集 |
高城のことをアニメやゲームで知ったよ!!
という方にも是非オススメなスリーヴシリーズ。

アバン→OP→本編みたいな、僕らにどこか馴染みのある作りも手伝って、
きっと舞台というイメージの敷居を取り払ってくれるハズ☆
ウソみたいなリアルが舞台上に広がりますよ♪

さてさて、高城、「再演」「初演」「続編」これらの言葉をグルグル連発し過ぎて皆さんに難しく感じさせてしまったかも??と思いましたので、、ちょっと整理させて下さいm(__)m反省反省です。

スリーヴシリーズとは

『SLeeVe』

『SLeeVe-RefRain』

の2作品のことです。(この先はわかりませんょ☆)

セーラームーンとセーラームーンRみたいな感じですね。
今回の公演は、SLeeVeの続編に当たるSLeeVe-RefRainです。

が、無印を観ていなくても問題なく楽しめます。


強い力を持ったある妖怪が主催するゲーム「百鬼夜行(ひゃっきやぎょう)」
参加者は自分の心の闇から生まれた妖怪を使役して、たった一つの「殺生石」というアイテムを奪い合う。
三日目の夜明け、生きて殺生石を持っていた者が優勝。
優勝者は、その人のどんな願いも叶えるアイテムがあるという「迷い家」へ案内される。


この枠組みだけは同じですが、

主催者(?)も違い参加者も妖怪も一部を除き別のキャラクターとなります。
時系列もちょっと違います。
つまりそれぞれ独立した物語りなのです。

なので!初めましてでも安心☆




高城は、初めてSLeeVe-RefRainが上演された時にも今回と同じ役で出演しています。
なので、、この「冒険の書1」を「SLeeVe-RefRain」や、「多本嵐」で検索すると壮絶なネタバレを見てしまう恐れがあるのでご注意下さい。
また、今作は大幅なリライトがあるものの、、2008年に上演された「SLeeVe-RefRain」を観たよっ!という方は是非是非お話しの内容は知らんぷりしておいて下さいネ☆


ち、な、み、に
2013年にENGさんで何度目かの上演となった一作目「SLeeVe」に高城は別の役で出演しています。
今回の公演の時、物販コーナーにDVDが置いてある…やも?です。
無かったらごめんなさいm(__)m

稽古も大詰め!ワクワクするお話になるよう頑張るぞう^^
http://ticket.corich.jp/apply/75252/110/