声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
萌山大学学祭・後夜祭・2
2011年04月15日 (金) | 編集 |
オタ研。

そこはあらゆるジャンルのこだわりすと達が集う場所。

高城演じる佐治はアニメーションオタクでした。ノートPCを携え、映像編集もお手の物!

では他にはどんな専門家、、、オタッカーズがいたのでしょう?


、、てことで、キャストさんのご紹介☆

まぁや
まぁやこと、真山明大くん。
ほんわかフワフワした人当たりの彼。
でもそれは仮の姿!!なんじゃないか?と僕は睨む。
オットコ前な芯とブレの無い芝居が光る!
一番後輩でありながら終始突っ込む天然さん柳井を演じる流石の座長。
まさかのリーサルウェポン、虫オタク。

しゅんりー
しゅんりーこと木俊くん。
色んなことが出来てすっごぃなぁとずっと思ってた。また今度別役でガッツり絡みたいものであります。
バシ!ドガ!と押せ押せな毒島。その影には緻密な計算と繊細な感性が脈動していた!
今作は毒島のパワーに助けられている部分が多かったように思う。
アイドル(育成)オタク。

ゆーいちろー
ゆういちろうこと、平田裕一郎くん。
彼の演じる滝崎は実は高城にとって全キャラの中で最萌えでした。
いちいち可愛い。本人は勿論イケメソ様です。でも滲み出る愛らしさ。
100の案を出して99個捨てろ。昔僕の先生が言ってた作品作りを地でいく情熱派。
コスプレ衣装制作(女子ののみ。着ない)オタク。

きょーへー
きょうへいこと、金子恭平くん。
物語の中で僕らは主にシリアス担当だったのでよく二人で芝居を詰めたっけ。
これで人生初舞台とか、マジか!?セリフに、表情にドキっとする瞬間がたくさんあった。
ホントチートスペックな感性の持ち主です。一緒にやれて良かった☆
自治会員にして佐治の腹違いの兄弟。強いて言うなら佐治オタク?


おっし続くぜ~
スポンサーサイト