声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
キヨタン2011外伝たった一人の最終決戦前。
2011年05月29日 (日) | 編集 |
勝負は縄跳びにしよう。
魔天狂乱舞にこじつけやすい、、気がする。
あと久しぶりにやってみたい。

だけど、縄跳びは持ってない。
こりゃ買って向かうしかないか。

たしか近所の100円コンビニの玩具コーナーにあったはず!
、、無い。
今日に限って売り切れだとぅ!?

じゃ、じゃあ駅のデパートで!

だがしかし僕の持ち場のスタート予定時間は10時。
なのでちょっと押し気味とはいえ、まだまだ開店前。


ど、どうする??

周りを見渡すと9時台にも関わらずドラッグストアが開いている!

ドラッグストア→健康を売るお店→縄跳びで体力作り

これだ!

「すみません、縄跳びありますか?」

「えー、確かお子様用のなら、、」

問題無い。

使用するのは大きめのお子様だ。
そのワンピースの縄跳び、火拳のエースモデルをいただこう。

「おいくらですか?」
「500円です」

、、今そんなにするんだ、、

かくして、僕はちょっぴり高級な子供用縄跳びを手に入れた。


そして目的地、新宿中央公園へ到着。
マジか、駅から思いの外歩くぞ、、
そこへ運営から連絡。

「急げ、とにかく巻きで終わらせろ」

時間は10時30分。

公園入り口の看板で決戦の場所を選ぶ、、
「ジャブジャブ池」
という文字に釘付けになるが、生憎僕らにジャブジャブしている時間はない。

よし、少々奥まってしまうが「久遠の像」がそれらしいか。
像自体は大きく目立つわけでもないが、木々に囲まれたそこは思いの外雰囲気もよく俺、ご満悦。

次の瞬間。

ブロロロ、、

何かの機材を積んだワゴン車が止まる。

久遠の像の真ん前に。

像、完璧に死角へ。

ガッデム。

しかし、
「僕、これから縄跳びするから車どけておくれよ」
なんて言う訳にもいかない。
しょうがない、キヨ到着迄に移動してくれることを祈ろう。

そうだ、さっき手に入れた縄跳びの長さ調節しとかなきゃ。
ここはフェアーに、僕にはちょっと長いがキヨにはちょっと短い位が理想か。

、、あれ?

縄跳びの長さ調節って分解して適当な長さに結んで持ち手にしまうだけじゃないの?
くっそ、どうなってんだ?何故余計な進化をしている、縄跳びよ?
むぅ、、堅い、、難い、、

あーもー、助けてウソップ!


その時。

シャッ、シャッ、シャッ、、

掃除のおじ様が落ち葉を掃いている。
ごくろー様です。

。。。。

あっちを掃いて、そっちを掃いて、、


、、狙っている。この場所を。
僕が潜んでいる木陰を!

ちょっ、待って下さいよおとうさん!
いつキヨ来るかわかんないんすよぅ、木陰出たら奴がどこから走って来ても丸見えなんすよぅ(´Д`)

丸見え状態でカッコつけてる敵幹部とかちょっとキビシイってば!

あぁ、どんどんおとうさんの清掃範囲が僕のとこに迫って来る!!


ウ゛ィーンウ゛ィーン、、

電話?こんな時に、、

折戸「キヨ着きました?もうマッハで終わらせて下さい!11時には次の場所へ着いてないと、、」

10時50分ナウ。
無理でしょ、、

折戸「とにかく巻きで!」

、、!

高城「ごめ!来たキヨ!」
想定外の方向からヒーロー参上。
電話を切り咄嗟に身を隠す。


ワゴン車の陰に。


まさかワゴン車に助けられるとはっ!

ふぅ。呼吸を整える。

そして久遠の像を探してキョロキョロしているキヨの背後から声をかけた。

「遅かったな、山口清裕」
スポンサーサイト