声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
バースデーメモリ3 第6話
2011年10月03日 (月) | 編集 |

「おはようございまぁす♪」

「よし、事件解決だ」

「?」

目の前の女子が?マークを出しているのでそうもいかんのだろう。

「魔法の国から来たナンナホニャララです。」

ホニャララ部分は忘れた。

「えと、そっち系ですか?」

「そっち系です」

「私と勝負で勝ったらいいこと教えてあげます!」

きたきた。

勝負は、、

ヘルシア一気飲み。


まぁ言っても相手は女子だ。

下野やカヤセに比べりゃ楽勝っしょ。


けっか。

惜敗。


おい、本気じゃねぇかこの女。


しかし、手渡された電車の乗車券。

何でも

「ハナシガススマナイカラ」

だそうな。


屈辱のスタート。
くそぅ、明日はどっちだ!?

とりあえず、駅へ走る。
スポンサーサイト