声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
バースデーメモリ3 第15話
2011年10月03日 (月) | 編集 |

水上バスへ乗る為乗り場へたどり着くと、浜辺に見覚えのあるモジャモジャが。

「久しぶりだなぁ細羽蒼真」

「お前は怪党モジャモジャ!」

「一年前、横浜でお前に負けたショックでこんな真っ白な髭になってしまった!リベンジだ」

取り出したのは2体のパンダ。

モジャモジャは砂浜に持っていたステッキで円を描いた。

サッと足でかきけしてみた。

「うぉぉぉい!何やってんのぅ?ヒーローでしょ?ヒーローは準備中に攻撃とかしないでしょ!」

「オレヒーローとかじゃないし。金で動く探偵さんだよっ」

「うるさい!魔法で勝負だ!」


パンダ相撲対決。

電源、、もとい魔法をかけるとキテレツな音を放ちながら動き出すパンダ。

うわっ今更ながら周囲の目線が痛い。
こうなりゃ早く終わらせてやる!

はっけよい。。のこった!

砂に足をとられてなかなか動かないパンダ達。
しかしオレのパンダの方が若干動きが早い!
マズイ、円の外に出る。

よーし、大魔法、円の形が伸び~る!!

、、ふっ勝った。


「くそぅ、こうなったら実際に俺と相撲勝、、」

「そ~ぃ」

ズザァ

倒れるモジャモジャ。

そして、、

「これを持っていくがいい」

渡されたのは水上バスのチケット。
これに乗れってことね。

れっつ船の旅~
スポンサーサイト