声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
バースデーメモリ3 第18.5話
2011年10月06日 (木) | 編集 |
1階と2階を合わせてもそんなに広いフロアではない。

オークションに関係ありそうな人、物、会話、、何かないか?

目と耳に神経を集中しながら徘徊する。。


実を言うと更に上に『特別展望台』なる場所がある。
ただ、入場料が半端ないんだよねぇ。
こういうトコついケチっちゃうのがしがない私立探偵の悲しい性ってヤツだ。

ただの手紙に大枚叩いちゃうVIPな方々はオレらと同じ夜景じゃ感動出来ないのかしら?

気付くとさっき見知らぬお兄さんに声をかけたカフェの前に戻っていた。

「あ~こりゃ、ダメかもわからんね。。」

とその時。

いた。
あった。

カフェの中に水色の封筒を眺める金髪の男。

メモリーズカプセルコーポレーション!
宛名は、、朽月夏音様!!
ビンゴだ。




「すみませ~ん、その封筒どこで手に入れたんでしょーかぁ?」

「!?急ニナンデスカ、アナタドチラ様カ?」

「ぁ~、細羽探偵事務所の細羽蒼真と申します。実はその手紙の持ち主から回収の依頼を受けてまして、、」

「ダメ、アゲナイヨ。コレハワタシ5000000ダラーデ落札シタノダカラ♪」

あぁ、金持ちが憎い。

「ワタシノ名前はビッグ・ケンジ・ロック!デハコウシマショウ、ミスター細羽。アナタガコノ手紙ヨリモワタシヲ楽シマセテクレタラ考エテモイイ。」

「と、言いますと?」

「ワタシ、最近モンスターハンタート言ウゲーム大好キデス。従者ニプレイサセテソレヲ鑑賞シマース。」

自分でやらないんだ、、

「彼ト勝負シテアナタガ勝ッタラ手紙プレゼントシマショー。」

そしてオレの前に現れたのは、、
あ。この人知ってる。
日本一のモンスターハンタープレイヤー集団、チーム天鱗日和のShinyaさんだ!

「ちょっと、日本一を相手にするのは流石に、、」

「いえ、僕の実力はせいぜい3番手位ですよ。」

「逆にリアルで嫌です。」

「ハハハ」

「あ、でもオレゲーム機持ってないっすよ?」

「ワタシノヲ貸シマス。」

「ども。」

起動。

-データがありません-

「はぃ?あの、データ無いって、、」

「うそぉォぉォ!??!?」

あ、何かが崩壊した。

「シ、仕方ナイデスネ、誰カPSP持ッテナイデスカ?」

「あ、俺持ってますよ。」


と、現れたのはさっきの見知らぬお兄さん!?
、、やっぱ関係無くないじゃん。

改めて起動。

プレイヤーキャラ『スズメ』
お供アイルー『蒼真』『門起』

アンタ参加する気満々じゃねぇか!!

とにかくやるしかない。

村クエスト☆☆☆☆☆レベル、ターゲットはジンオウガのタイムアタック。

「あ、Shinyaさん、武器は?」

「ハンマーです。」

ガチかよ。

レディ、、ゴー!

うぉぉぉ、オレのライトボウガンが火を吹くぜ!

、、
、、、

「Shinya、調子ドウデスカ」

「あ、今ジンオウガがスタンしました。」

こっちはオレがスタンしました。。

「オー、モウ弱ッテマスネ!」

こっちはオレが弱ってます。回復っと。

結果。

惨敗。

しょーがないっしょ!
ゲームじゃ『気持ちだろ』作戦とか無理だし。
ゲームは一日一時間が鉄則だぃ。

「、、ウゥ、、負ケガ確定シテカラも懸命ニ戦ウ姿、、感動シマシマシタ。楽シカッタ、コノ手紙ハ差シ上ゲマス。」

、、ゲームも気持ちでした。
金持ちの考えることはやっぱわかんね。


「!何だあれは!?あんな所にカンガルーがいる!」

は?

「タワーの下だ、手紙を持ってるぞ!」

PSPを貸してくれた人が叫ぶ。

怪党バンブルビーか。
オレはすぐさまカフェを後にした。
スポンサーサイト