声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
焦燥感と幸福感が=になる日。
2012年05月28日 (月) | 編集 |
『エムズ・スタイル ユニバァァァス!』



【FRAG -新撰組Bloodsucker Behind-】

を一日ではしごしてきた♪

奇しくもどちらも一公演前に高城が出ているという気になる作品でした。

まずエムズ!
ハンバーガーショップの店員達が巻き起こすドタバタコメディ☆

いつもの皆が実名=役名で演じるという、観ていて不思議な気持ちになる作品でしたね~
終始客席はドッカンドッカン☆
笑い声が絶えません。
コメディって難しいのに皆凄い。
今回の注目株はやっぱりトネケンだったなぁ。

「ウィ~~」っと出てくる度に客席から女性の悲鳴が!笑い声とか黄色い声援ではなく、悲鳴。
突き抜けてんなぁ~、、
相変わらず恐るべきヤツです。
もうすぐ30歳トネケン太郎。




続いてFRAG。
前回の芹沢鴨編に続き、今回は池田屋事件編。
歴史はなぞりつつもオリジナル解釈を交えていくのは流石!
ピピッときたワードは「犬」でした。
群れる野良犬、幕府の犬、主に尽くす犬。
主人公、沖田役の末野卓磨くん曰く、テーマは「信じること」だそうな。
裏切りを重ね狂犬と呼ばれた岡田以蔵が最後まで信じた人は昔彼を捨てた坂本龍馬だった。

以蔵が倒れるシーンは客席から啜り泣く声が聞こえました。

時代の流れは変わらない。抗えないタイムリミットを体現する沖田総司の目線から描かれた2作目は今後を思うとゾワゾワせずにはいられなかったです。


めっちゃ毛色の違う2本だったので、連続でも楽しく観られちゃいました☆
そして、改めて皆凄いなぁと思う。
いつもあの中でやらせていただいてるのだから、こりゃぁ幸せモンですね~

どっちの出演者さんも、落ち着いたらご飯行きましょ~\(^o^)/
裏話なんか聞かせてねん♪
スポンサーサイト