声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
バースデーメモリ4 第5話
2012年10月04日 (木) | 編集 |
待ち合わせ場所は

サーバー32
カミハルムイ城茶室

待っていたのはもりしゃんこと森 訓久氏。

「ども!細羽探偵事務所でっす☆」

百万ドルの笑顔で愛想よく。
得体の知れない相手にはこれに限る。
百万は言い過ぎにしても実際この手口で上手く事が運んだりするからあなどれない。

さて、、予告状まで出されたので構えたものだが、彼は無言で取り引きを申請してきた。
手紙だ!


『持ち物がいっぱいで受け取れません』


その場にガックリ膝をつくもりしゃん。

チッ仕方ない、サバンナの水と交換しますよっと。


そして今度こそ、この手紙の理由を聞き出さないと。

しかしすぐさま軒先へ走り出しルーラストーンを掲げるもりしゃん!!

しまった!!


ドヒューー、、ゴス!

屋根に頭をぶつけて転がっている。

爆笑。

立ち上がったもりしゃんはその場で手を振っている。

あっちへいけと?
いやです。
じー。

暫く見ていると少し場所を移し今度こそ空へ消えていった。


ぁ、結局何も聞けなかった。
スポンサーサイト