声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バースデーメモリ4 第21話
2012年10月07日 (日) | 編集 |

スカイツリー脇の階段を駆け上がると黒スーツ姿の男が何かを振り回しながら走り込んできた!!

ヨーヨー。

「やっときたか、細羽蒼真!俺はアルカディアのオウガオブアリーナ、かりのてきだぁぁ!!」

「やっぱアルカディアか!」

「我等がマスターは最上階にいらっしゃる。ここを通りたければこの俺と勝負しろ!!」

熱い。
この人熱いなー。
周りの人がめっちゃ見てる中、ヨーヨーのトリックを決めてみせる。

「うまいっスね~」

「勝負はこのヨーヨー、お前にも出来るよう、基本中の基本、ロングスリープ対決だぁ!」

ロングスリープ。
投げたヨーヨーがより長い時間回転していた方の勝ち、、と。

「これを使って時間を計れ」

ストップウォッチを手渡された。

「先ずは俺から、よく見ているがいい、細羽蒼真」

「おう」

シュパ!、、シュルルル、、

かりのてきがヨーヨーを放つと澄んだ音を立てて空転を始めた。

と、

「ぐはぁぁぁぁ!!」

「は?」

「こんな時に、、持病のアレが!!」

かりのてきはその場に崩れ落ちた。

5秒。

「只今のタイム5秒で~す大体」

大体。
俺のストップウォッチ押し忘れちゃった作戦は意味を成さなかった。

「んじゃ、今度は俺ね。5秒越えればいいんだもんね、余裕余裕。えっと、、」

「ぁ、人差し指じゃなくて中指です」

「ん、あぁサンキュ」

やさしいな(笑)

「おっし、いくぜ!せーの!」

ゴッ

何か引っ掛かって0秒。

「蒼真、もう一度チャンスをやろう」

やさしいな(笑)(笑)

「おう!今のはデモンストレーションってやつだ!えと、、」

「ぁ、ちょっと指に引っ掻けて巻くと簡単に、、」

「至れり尽くせりか!!」


勝負?は圧勝に終わった。
「そうだ、アルカディアなんだよな?獅子ってやつの事知ってる?」

「、、」

「まいっか。取り合えず次行ってみるゎ!」

優しきオーガに別れを告げ俺は階段を登った。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。