声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
バースデーメモリ4 第24話
2012年10月08日 (月) | 編集 |

階段を登り続けながら思う。
何かコレ、聖闘士星矢の十二宮みたい。

じゃなくて、アルカディアって一体何なんだ?
獅子と繋がっている組織ってのは何となく想像できる。
だが、そもそもそんなに恨まれる理由が分からないんだよねぇ。

「おっそい!」

もうすぐ頂上ってところで呼び止められた。

「ぉ?アルカディアのお兄さん?」

「えー、ほそは、ほそはね、、」

「細羽蒼真です」

「俺はアルカディアの尖兵、狼ことテリー・Bだ!」

「尖兵なの?ぇ?もうすぐラストじゃ、、流れぶったぎって私服だしちゃんとしようか!?」

「ぁ、うんゴメン!えと、細、、」

「細羽」

「そう細羽蒼真!マスターに会いたければ俺と勝負だ」

「ょ~し、ばっちこ~ぃ♪」

「勝負の内容は、みんなとモンハンカードマスター、課金10連ガチャ!!」

ズコー。

「よし、いいよ、望むところだ」

「ぇ?いいの?マジで?3000円だよ?」

「構わない」

「か、考え直すなら今のうちだぞ!無理なら半分の5連でも、、」

「10連でいい」

「そ、そう?」

「だがなテリー・B、一つだけ言っておく。今月のガチャ、どれだけいいカードが出ても俺たちのデッキは強くならないぞ!」

「、、、、無料の挨拶ポイントガチャにしようか」

「ちっ、仕方のない狼さんだ」

よし。
ちなみに俺は10連ガチャとか手を出したことがない。
もしも3000円自由に動かせたら真っ先に電気代を支払い、灼熱地獄の夏を回避していただろう。

「勝負方法は無料ガチャで出てきた10枚のトータル売却額で競ういくぞ!!」

「まて、カードが一杯でガチャが引けない。整理する」

「あ、うん」

しまらない戦いだった。

「では改めて!せーの!」
トータル額は、、

俺2800z

テリー3650z

「ぐぁぁ、ま、け、たぁぁ」

「うはははは、残念だったなぁ細、はね」

「細羽だぁぁぁぁバーカバーカ!」

俺は走り去った。
階段を上に

「ちょっと、まてー!」

下でテリーが叫んでいるが気にしない。

狼よ、戦いに勝ったら俺が諦めるといつから勘違いしていた!?

争いからは何も生まれない。
戦いの後に残るのはいつだって哀しみと虚しさだけなのさ!

とうっ
スポンサーサイト