声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
バースデーメモリ4 第25.5話
2012年10月08日 (月) | 編集 |

カランカラン、、

風のように現れたのは例の獅子だった


「細羽蒼真ぁ~!!ついに追い詰めたぞ!俺達のギルドに3凸をしかけるとは許せねぇ、俺はアルカディア怒れる獅子、、きよひろだぁぁぁあ!!」

めんどくせぇ

「獅子」

「マスター!コイツは俺にやらせて下さい!!」

「いいでしょう。貴方が戻ってくるのならボクはもう何も言いません。細羽蒼真と言いましたか?獅子に勝ったらでいびもいびも差し上げましょう」

「まじで!?うっひょ~マスターさん太っ腹♪」

「さぁ、細羽蒼真よ、そのスティックを俺に寄越せ」

「はぃほぃ、ドゾドゾ」

ズシッ

「ぐ、ぐぁぁぁぁ」

獅子が吼える

「重い!ぐぅぅぅ、、マ、マスターや貴様はこんなにも重いスティックを使って戦っていたのか!?」

「いゃあ、重いかねぇ」

「こんな、こんな3凸野郎にぃぃ!」

「だーかーらー、やった憶え無いし、もしやっちゃってたらごめんて!」

「!」

「そもそもさー、3回攻撃されて怒ってるってことは3回負けちゃったわけでしょ?」

「、、そうか、、始めから俺の敵う相手ではなかったと言うことか、、それに貴様、よく見ると我が同胞、栄光の牽引者もときちに似ている、、そんな奴が3凸なんて仕掛けるハズがない」

「そーゆーこと。もし間違って3凸してたらごめん、気をつけるよ」

「細羽、、蒼真、、すまなかった」

一日追いかけられたケド、結果的にでいびもいびを手に入れることが出来た。
この怒れる獅子に感謝するべきかもね。
5つのでいびもいびの内これで4つ。


「ん?獅子さぁ、始めから俺を追いかけてたって事はでいびもいびについては何も関係ないわけ?」

「知らないな。俺はただの追跡者さ」

「まいったね」

「都庁、都庁前」

マスター・マリすけが呟く

「はぃ?」

「都庁前で大きな気が動いています」

「うっわ強引」

ん?

強引、ゴーイン、、

「ゴーインジャーどうした!?結局俺一人で4つ集めちゃったょ?」

いゃ待て!
現れないならそれでいいゃ。
俺は依頼を完遂し、今夜は豪華なでぃなーにありつける!

うっひょ~

「よ~し、都庁前ね!さんきゅ~」

ピンクのでいびもいびを受け取り、俺は意気揚々走り出した。

行く手を邪魔する奴はもういない!
スポンサーサイト