声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バースデーメモリ4 第27話 エピローグ
2012年10月10日 (水) | 編集 |

新宿の地下道。

ウ゛ィィン、ウ゛ィィン、、

門起からの着信だ。

「もしもし門起?」

「お~蒼真お疲れ~でいびもいび人形揃ったか?」

「あ、、それがさぁ~、でいびもいび無くしちゃってさ、、」

「無くしたっ!?」

「ゴメ、まじゴメン!」

珍しく素直に謝ってみる。
依頼の品を紛失したのだから仕方ない。

「、、それがなぁ蒼真、、言いにくいんだが、、」

「?」

「依頼されてたの、、」

「うん」

「でいびもいび人形じゃなくて、、、、でいびもいび人形焼きだった」

「は?」

「いゃこれ参ったな~兄ちゃん勘違い☆つって」

「何ソレおやじギャグ落ち?最後まで強引じゃね?」

ゴーイン、ゴーイン、ゴーインジャー♪
聴いたことの無いゴーインジャーの主題歌が流れてきた気がする。

イライライライラ

何だか無性に腹が立ってきた。

「おぃ門起てめー今どこにいやがる!?」

「んーあーどこかなー」


ピロロロロ♪ジャンジャラ♪

「ほーいつものパチンコ屋だな?」

「フッ甘いな蒼真、そうとは限らない!あ!フィーバーー!!、、ゲ。」

「待ってろバカ兄貴!」

「やだよー待たないよー」

「うっせぇ、そのフィーバーしっかり出せっつってんの!」

「お兄様にまっかせなさぁ~い」

ピッ。

まだ油断は出来ない。
あいつは持ち逃げする。
門起の連チャン中にパチンコ屋へ到着しなくては。

一日中高い場所を巡ってきたが、今日の最後の目的地は高い高いぉ高~い高級レストランなのだから。

でいびもいび


バースディメモリ4 おしまい☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。