声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SLeeVeのお写真♪2 舞台の上でも下でも仲良し
2013年05月03日 (金) | 編集 |
ここからはSLeeVeのお通夜ムード担当、ギャグ一切無しの通称チーム歌舞伎町の皆さんのご紹介♪
お通夜なのに歌舞伎町っておかしいねぇ
ギラギラした衣装でシリアス担当ってことで~~



さとり
一人目はなんと言ってもこの方
妖怪さとり役・伊藤翼(いとうつばさ)くん
俺の自慢の最強妖怪だぜ!
稽古中ずっと一緒におりましたねー。
今作、人間と妖怪の関係性は家族。
今岡とさとりは兄弟でした。自分自身の分身であり兄弟、双子みたいな?
これまでのSLeeVe、人の心を読む動作は耳を塞いで「聴く」方向でしたが
今回は片目を塞いでさとりの眼で「視る」仕様に。
右目を塞いで左目で視る今岡、逆のさとり。
心をシンクロさせて戦う中二アタックは無敵なのだぁぁぁ!!
何でも話せる存在であり、話す程に闇へ堕ちてゆく。。


充
続いて因縁のお兄ちゃん
茂松充役・福地慎太郎(ふくちしんたろう)くん
本来とっても仲がいいのにいがみ合わなければいけない。
彼とはそんな役での共演が多い。
両親の事故は本当に充さんはやっていないのか?
それとも自分の記憶すら捻じ曲げちゃう精神の持ち主なのか?
そんなことをよく話したっけなぁ
今岡くんは最後まで彼を信じられなかったけれど、高城個人としては充さんからの愛情をひしひしと感じてしまいました。
何で百鬼夜行に拘ったんだろ?
「充さんの願いはなんですか?」
今でもよく考える。もしも兄の真意が自分の恨みと真逆だったら。。


伊純
そしてそして
小八木伊純役・久保亜沙香(くぼあさか)さん
袖山の元婚約者、茂松の恋人、今岡の希望。。
闇へ向かってまっしぐらな今岡くんを唯一光へ向けて引っ張り上げようとしてくれた方。
心の闇、さとりが茂松の影に耐え切れない今岡の深層心理を受け手にかけてしまう。。
「それでも俺は、、!!!」(この人と共に兄と兄にしてしまったことに向かい合っていくって決めたんだ)
日に日にこの台詞が重くなっていきました。
もうちょっとで違う未来が描けたかもしれない、残念すぎるぜ今岡真幸!
今岡真幸を演じる間、常にモヤモヤした気分だったのでプラスの気を分けてくれて毎度助かってた。
ありがとう、あさちゃん、
ごめんなさい伊純さん。。


デメコ
でもって伊純の妖怪
金魚の幽霊デメコ役・美弥野静(みやのしず)ちゃん
しずちゃんとは続編のRefRainで初共演からの3回目!
ほとんどのシーンで一緒だったのに、劇中一度しか意識を向けなかった~~~
ちょっち寂しかったなぁ。。
好きな金魚の台詞第1位は
お気楽できゃっきゃしてる二人が伊純の決心でストンと静まった瞬間の
「ふーーーーーん」
口癖は「わっち」「ありんす」等京都風だったかな?


かーらーのー♪
金魚の幽霊ランチュウ役・斉藤未来(さいとうみき)ちゃん、、、写真が、、無いのよぅ、、
デメコが金魚蜂に閉じ込めておく、ランチュウは相手を捕まえる。
宮城さんの別作品「アイランドインザサン」にてヒロイン・アーニャ姫を演じていたんだって。
「アイランド~」とアーニャは「ラーバルメモリ」の劇中物語にも出てきたのでなんか親近感♪
ミキティーこと未来ちゃんの間と笑いのセンスはハンパないっす(笑)
好きな金魚の台詞第2位は
死地、猫又の元へ向かう時もおき楽な↓凄く妖怪っぽい
「ランチュウ♪デメコ♪ランチュウ♪デメコ♪、、、」
口癖は「べらぼうめぇ」「袖っぴきの袖山でぃ」等江戸風♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。