声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
バースデーメモリ5 3
2013年10月04日 (金) | 編集 |
ウ゛ィィィン、ウ゛ィィィン、、


ん、、

電話?
相手は、、門起

「はぃ、細羽探偵事務所、本日の営業は昼過ぎからを予定しておりま」

「おー、寝てたか!仕事の依頼だ!残念ながら腹が痛くて新装開店が忙しいから手短に話すぞ」

もう、ぐだんぐだんじゃねぇか。
さすがにいい時間だ。そろそろ動かないと。

「どした?」


「マキさんって人からでな、娘が百鬼夜行ってわけわからんゲームに巻き込まれた。助けてやって欲しいそうだ」

百鬼夜行。。
きたか。

「んで?どこに行ったらいいんだ?」

「わからん、蒼真なら何とかなんだろ?俺は腹が確率変動の大フィーバーで合流が遅れるが宜しくたのむわ!!」

ガチャ

何かピンチと欲望が退っ引きならない感じだけは伝わったぜ兄貴。

さぁて、手掛かりは何者ないが百鬼夜行って事件を追っていけば万事オッケーっしょ。

宛がないわけじゃない。
ユキチからのメールだ。


俺自身が百鬼夜行に参加するのはごめんだが、、

まぁ偉い人が言ってたっけ。
行けばわかるさ、このやろー!


あれ?違ったか?
スポンサーサイト