声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
バースデーメモリ5 16
2013年10月07日 (月) | 編集 |
ザーーー、、、ザザザーーーーン

何とも不思議な場所だった。
実に閉鎖的で開放的。

コスモビューティー

窓から見える景色はただの綺麗な夜景とは趣きが少し違う。
遥か地平まで真っ黒な空間に激しく主張する街の明かり。

ザザザーーン、、

宇宙を連想させるBGMの間に時折流れるさざなみのような音が微かに空気を震わせる。

「おおおおおお!!!すげぇぇぞ蒼真!こっち来てみ、、、、おぇぇぇぇおぇっぇ」

テンションMAXでえづいている門起が意味分からなさを明後日の方向へ加速させていた。

「気持ちはわからんでもないけどさ、あんま余裕ないからな」

この施設は22時で終わり。
時間は21時30分を回っていた。

一方通行で円周状の回廊はすぐに行き止まりへと辿り着く。


SLeeVe Retry

そこに立っていたのは、、、黒マント、そしてフードの人物。

「黒マントさんちっす。いつもあなたのことを遠くから見てました~」

「。。。」

無反応、と。
代わりに喋りだしたのはフードの人物。

「、、よく来たな。待っていたぞ」

「あんたが黒幕さん?」

「黒幕?何のことだ?まぁいい、見ろ」

言って窓の外を向くフード

「人が、、ゴミのようだ」

「は?」

「ぁ、それ俺が得意な物まね、、」

門起が小声で突っ込む

「私の名前は袖山、、またの名をコソデヤマト・ラピュ、」

「バルス!!!」

今度は俺が突っ込んでしまった

「お前にも別の名があるのではないか?イマオカマサキ。。」

ザザザーーン

「うぐぁぁぁ、何か引っかかるような気がしないでもないが、、」

「え?蒼真、お前イマオカマサキなの?」

「いや、門起、もうこれ以上出生の秘密的なの増やすのよそうぜ、収集つかねぇ」

「まぁいい。実は私は幽霊でな、百鬼夜行で勝って生き返るのが望みだ。」

「幽霊?」

周りをみると、ちょっぴりおかしなものを見る感じの目線がご来場の皆さんから注がれていた。
俺が一人で宴会芸でもしているようにみえるのだろう。

「よくわかんないケド、あんたもただの参加者ってことだろ?で、持ち妖怪はソイツ」

「妖怪、いや怪異赤マントだ」

「え?黒くね?」

「参加者どもの返り血を浴びて、、みたいなことだ」

「ややグロだね」

「さぁ!お前の宝玉をいただこうか」

「ちっ、やっぱそうなるか」

ネムラに目線を送りつつ身構える。

「安心しろ、ここまで宝玉が集まって今の私は機嫌がいい、お前とは私自らが勝負をしてやろう」

「マジで!?しかも俺宝玉3つしかないけどそっちの袋一杯の宝玉全部をかけてくれるなんて袖山さん太っ腹!かっこぃぃなぁ憧れちゃうなぁ!」

「ふふふ、そうだろうそうだろう、私は完璧主義者だ。あえて不利な条件の元、完全な勝利を手に入れる。ただし、勝負内容はこちらが決める、いいな」

「お、おぅ、、」

ゴクリ。。

モンハン4で勝負?

「コレを見ろ、コレが何だかわかるか?」

「、、モンスターハンター、、4」

「そう、モンスターハンター4。。これで勝負すると思うなよ!」

「なぜ出した!?」

「お前、最近携帯をスマホに変えたらしいな、実は私も最近変えた。そこで!勝負はこれ!」

「!」

「LINEゲーム、『LINEでろ~ん』だ!」

「うぉ、俺やったことないぞ!?」

「私もだ!私は正々堂々お前に勝つ!」

「あ、折角だし俺も参加していーい?」

と門起。

「ふん、いいだろう。より高い得点を出した方の勝ち!ではいくぞ、、レディーーー、、ゴーーーー!!!」


ピコピコ、、ビヨヨ~ン

「地味だな」

「あ、消えた」

「ぉ、俺終わった」

「制限時間終わるまでな」


結果

「私は10万点だ!!」

「、、俺!14万点!!!!やったぜぇぇぇぇ♪ぁ、門起は?」

「、、3千点」

なにやってんの?

「袖山!俺の勝ちだな!」

「いや待て!そもそも2対1なんておかしいだろ!」

「さっきまでの太っ腹はどこへ行った!?」

「ふっ、私はフェア精神を重んじるのだ、こんなのいフェアじゃないいい!!」

「子供かよ!、、じゃあも一回だけな!」


ピコピコ。。


結果その2

「フハハハハ!私は16万点だぁ!!!」

「へへ~ん、18万点だぜぇぇ!!!門起は?」

「44万点」

蒼・袖『空気読めよ!!!』

「いやぁ~俺ってこういうとこあるからなぁ~だからギャンブルはやめられない!」

「くそぅ、、俺の京夏たんとの新・イチャイチャ計画が。。」

「京夏たん?」

「こっちの話だ!、、む?あの橋のところにいるは俺に初めに宝玉を渡した女。。それともう一人。何をしているんだ?」


――初めに宝玉を謎の女から2つもらった――


俺の中で最後のピースがはまった音がした

「門起、あの橋の下にいるのが黒幕だ!」

「えー、そうなの!!?」

袖山から宝玉の詰まった袋を受け取り、俺達は急ぎスカイツリーを降りて行った。
スポンサーサイト