声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
ラーバルメモリ~larval Memory
2008年07月19日 (土) | 編集 |
高城9月にお芝居の舞台に立たせていただくことになりました!

ロックミュージカルが落ち着いたら、、、と思いつつもチケット発売開始がもうすぐ!
っというわけで、お知らせさせて下さい。

最近舞台の告知が多くてすみません汗
6月ダンス、8月ロックミュージカル、9月芝居、、、うわぁ汗;

多分今年ラストの芝居になると思いますです。
公演ラッシュで恐縮ですが、お時間等々ご都合宜しいようでしたら是非!

今回は3月に出演したDMFさんにまたお世話になります。
たくさん喋ります!多分(笑)


DMF vol.5

ラーバルメモリ~larval Memory

日程
2008年 9月11日(木)~15日(月)


11(木)              19:00 Red
12(金)              19:00 Blue
13(土) 14:00 Red       19:00 Blue
14(日) 14:00 Blue       18:00 Red
15(月) 13:00 Red       17:00 Blue 

会場@新宿スペース107

チケット

全席指定
前売3500円   当日4000円(開演1時間前から受付にて販売)
7月21日より発売

今回も出演者が多い為、劇団窓口以外にそれぞれ役者個別の受付フォームを用意致します。
前回、3月の公演の時、混乱させてしまった方申し訳ありません。

もうすぐですが、詳細はまた追ってアップいたします。
もう暫くお待ち下さい。

■STORY

AD2049年 関東と東海地方に大きな被害を引き起こした震災から20年

かつて以上の大都市に成長した近未来東京。テクノロジーの発達により、不特定多数の個人による犯罪が多発、警察は厳しい取締りで犯罪者達を次々と検挙していった。

だが捜査の網をかいくぐり、自らの流儀を貫き仕事をこなしていく者達が現れる。

犯罪予告に白昼堂々の大胆な犯行、まるでアルセーヌ・ルパンや二十面相のような「怪盗」を彷彿させる彼らは「怪党(カイトウ)」と呼ばれた。



伝説の怪党「エグリバ」・・・政府の人間や様々な要人を狙い続けたその怪党は、ある日飛行機事故でこの世を去ったと言われる。

謎に包まれた怪党について唯一確かなこと、エグリバが盗み続けていたものは、金でも宝石でもない。ターゲットの身体を流れる「血液」だった。

事故から20年、死したはずの吸血鬼が再び夜空を舞う・・・



そんなニュースがテレビで流れ始めた頃、事務所に久々の依頼が届いた。

震災後生まれの17歳、細羽蒼真(ほそばそうま)は私立高校に通う高校三年生

両親はすでに他界し、唯一の家族である兄・門起(もんき)の仕事は美容整形と占いをミックスさせ、大金を騙し取るオリジナリティ溢れる詐欺師。

蒼真の役目は整形を依頼する人間の身辺調査、それはまるで探偵業。高校生探偵と言えば聞こえがいいが、所詮は犯罪の片棒担ぎ。学費と生活費を稼ぐため、蒼真は調査に取り掛かる。

今回のクライアントは20代の女性、職業はOL。簡単に済むはずの仕事のはずが、調査が進むにつれ、蒼真は命を狙われるようになる。次第に見えてくる依頼人を取り巻く宗教団体の影。やがて蒼真は「血液を流れる記憶装置・ラーバルメモリ」の存在を知る・・・



血液を流れる記憶装置はその宿り主に100%完全再現の追憶をもたらす、それが「larval(ラーバル) Memory(メモリ)(幼虫の記憶)」。「Pupal(ピューパル) Memory(メモリ)(サナギの記憶)」「imago(イマーゴ) Memory(メモリ)(成虫の記憶)」と続く連作ハードボイルド活劇「インセクトメモリ シリーズ」スタート。第一弾の本作品、何が何でも劇場でご覧下さいませ!!


                                      公式HPより転載。
スポンサーサイト