声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バースデーメモリ6 8
2014年10月03日 (金) | 編集 |
明日を待つにあたり、周囲の情報にはアンテナを張っておかなくてはならない。

ってこーとーでー。
ちょっとだけドラゴンクエスト10の世界へGO♪

、というのもここ数年、こういった謎の案件を取り扱う場合どういった訳かこのゲームのプレイヤーが事件に関わっているってケースが続いたのだ。
そして、、

案の定、俺のキャラ宛に届いていた挑戦状。
バースデーメモリ挑戦状

10月3日
午前1:00
サーバー39 ガタラの井戸で待つ

時計を見るとすでに1時30分

やばっ
差出人の目的は分からないけれど、少しの情報も逃せない。
時間やら場所はプレイヤーならば誰でも理解できるもので暗号の類ではない。

約束の場所にそれはいた。。

バースデーメモリナス

ナスだ

「ナスじゃないよ、、、、」

「は?」

「でも、、、、、、、」

「?」

「ナスかもね!」

「やっぱナスじゃん!」

「プルーン、、かも」

「どっちょ?」

「ミキプルーン」

「キイチ!!」

と、謎のコントに暫く興じてしまったのはきっと深夜だからだ。仕方の無いことだ。

「んで?挑戦状って聞いてきたんだけど?」

「そう、、レースをするぞ」

「レース?」

「この辺りのフィールドで拾える【じょぶな枝】を7本集めてこの井戸へ先に戻ってきた方の勝ちだ」

「なるほどな、、」

「ふふふ、しかしオレには土地勘がある、ハンデとしてお前は乗り物を使っていい、そして2分、オレはここを動かない」

ふむ。
ヨーイドンの合図で俺が先にスタートをする。
当然まごつく。拾えるアイテムも目的の物は出ない。

、、だがこれでいい。

「ふははははは!オレにはアイテムがどこに落ちているか手に取るようにわかるぞ!」

ですよね。
程なくして、、先にミッションをクリアしたのは俺、細羽蒼真さん♪
そう、2分のハンデなんて必要なかった。ナスの後をこっそり尾けて7つ集めたところで乗り物でぶっちぎる。
優しいゲームなのだ。落ちてるアイテムは全てのプレイヤーが拾えるので取り合いにはならない。

「こ、、こんなハズでは、、、自分、ボケナスっすわ、、もう実家へ帰る、、」

「そういや、勝ったらどうなるか聞いてなかったね」

「仕方ない、お前が欲しがっているであろうヒントをやろう、、聞いたらもう二度とオレの地に足を踏み入れるなよ?」

「お、おぅ、、」

ナスが俺に伝えたヒントとは、、、、



衝撃の目的地。。。

明日はまだ3日。つまりはそういうことなのか?

ナスだったのか、プルーンだったのか?そもそも何故俺にあんなヒントを、、?
数々の謎と不安を孕み夜は更けていった。。。。



このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
ナスことインセクトメモリシリーズの作者、宮城陽亮氏。

今回、きちんとコミュニケーションを取った数少ない登場人物、、ナスを演じてくれました。
ホントはコントのくだりはもっともっと長かったのに全部掲載できなかったのは残念。

あと、決着の辺りね。

実は6本づつしか集めてないのに、
「後は帰るだけだ!!!」
とお互い言い合って、、どこで相手の目を盗み、且つあと1本拾うか、、みたいなチキンレースが熱かった。
当然乗り物OKな僕に有利だったのだけど。。。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。