声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
バースデーメモリ6 11
2014年10月03日 (金) | 編集 |



アハハハ♪

見てーー高いたかーい!

人がゴミのようだーー☆


って、、たっかいって!ほんとにっ!!
雲の上だよ!人とか見えないよっ!


――――


間一髪たどり着いたとある航空会社の乗り口にその人形、、いゃいゃ、巷で人気のでいびもいびはいた。

一緒に置いてあ、、持っていた紙切れの指示に従って受付でチケットを貰う。(あぶなっ身分証無かったらアウトじゃん…)
荷物チェックを受けて、ピコーン

あー、金属探知機に引っ掛かった。

「すみません、ベルトだと思います!」

ピコーン

おっふ。

ゲートからハンディ探知機に切り替えられた。

ピピー、ピピー、ピピー

俺の下半身がこれでもかって位金属反応を出す。。
下ネタじゃないですよっと。

腰の金具、ポケットのチャック、腿の金具、ふくらはぎの金具、、etc

「ボディチェック失礼します、ご出発は何分の便ですか?」

「ぁ、、11時丁度の」

出発間際、皆さんの視線をギャンギャン浴びながら全身をチェックされる俺。
幼虫回憶等より余程怪しい庶民派名探偵の姿がそこにあった。。

ジャラジャラしたズボンはめんどいぞ!気を付けよう!


――――


そんなこんなで俺は今雲の上。
北海道かぁ、昨日の今頃はまさかフライアウェイしちゃってるなんて思わなかったよねぇ。
コメディタッチに語られる地元の葬儀屋さんの苦労話をゲラゲラ笑いながら聞いてたのだが。はぁ。




俺が今回の幼虫回憶の一件にちょっぴり積極的に乗り掛かったのには理由がある。


ラーバルメモリ


この技術、物質とは決して薄くはない因縁的なアレがありまして。
それは直訳すると幼虫の記憶。
人間の神経に直接働きかけ、作り手の思うままの感覚を5感全てにおいて100パーセント再現出来る。
勿論その強さや依存性の調節も容易だし、やりようによっては記憶の改竄まで可能なデンジャラ~スなものだ。


ラーバルメモリは魔法の類いではない。
サプリメントやお薬とも本質はまた違う。


幼虫回憶とラーバルメモリ、確証があるわけじゃないけどピピッと来ちゃったのよね。
前におんなじ様なお商売を始められた方と一悶着あったりもしたっけか。
こーんな危ないムーブメントなら、早めに終止符を打たなきゃダメ絶対。

ま、俺が言うのもなんだけど。

今年の誕生日まで有効の僕の免許証を使うっていう面白い演出。
期限に関しては偶然だったのだけど。多分。

あ、早く更新しないと~


飛行機の窓から見る景色って本当に嘘っぽい。
リアリティーの薄さにゾクゾクしますです。
あと、飛行機の翼ってビヨンビヨン撓むんだよねぇ~
飛び立つ前、滑走中とか特に。うへぇ
スポンサーサイト