声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
バースデーメモリ8 15
2016年10月06日 (木) | 編集 |
幼青龍の「あれホシ!」という声に目をやると、、

奇抜なチェックのミニスカートの女の子とアフロにハットという、、
世にも悪目立ち具合の激しい男女がビニール袋を掴んでもみ合っている。

「ちょっと返してよ!!!」

「ゴメンネゴメンネしょうがないもじゃ!!!」


、、もじゃ?

この独特の語尾には覚えがあるぞ。

怪盗もじゃもじゃ

何度となく俺の行く手を邪魔してきて
何度となく返り討ちにしてきた怪党。

前に月島で一緒にもんじゃ食べたっけか。
、、もじゃだけに、、、懐かしい

「ちょいちょいちょお~い、何やってんの~??」

「!お前は、、細羽蒼真!!!!」

「ま~た悪さしてんのか?」

「いやこれには訳があって、、仕方ないもじゃよ~」

「はぁ~??」

その一瞬の隙をついてちょいと奇抜な格好の女の子がビニール袋をひったくって、、、逃げた。

「、、あ~、うん、、整理しようか?」

もじゃ2016
「も、もじゃ、、実は、、家に帰ってみたら、、、家財道具からお財布からぜ~~~んぶ燃えちゃってて、、もうボーボーのもじゃもじゃもじゃよ」

「おー、もう少し分かりやすくOK?」

「みーんな火事で燃えて一文無しもじゃよ!!!お腹ペコペコでつい女の子が持ってたたこ焼きを引ったくろうとしてしまったもじゃ~~、、、、」

、、、くだらねぇ~、、

あ、でもそうか。
その「不幸」の匂いに幼青龍が反応した訳ね。

「出来心もじゃ~、ど、どうか訴えないで欲しいもじゃよ~」

「いや、俺関係無いし、その被害者の女の子?走ってどっか行っちゃたし、大ジョブじゃね?」

「ほ、、ホントもじゃか!??」

「知らないけど」

いつになく卑屈な怪党もじゃもじゃを前に、ちょっとだけイタズラ心が顔を出した。

「もじゃもじゃさ~、見てみ、あそこにたこ焼き屋さんがあるよな?」

「もじゃね」

「あそこ襲ってたこ焼き奪ったりしちゃダメだかんな?絶対ダメだかんな?」

「なにソレ、、フリもじゃか?」

「、、、じゃーなー!!もう悪いことすんなよーー!!!!」


俺はその場を走り去った。
スポンサーサイト