声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レン=皇王・芙蓉
2017年11月26日 (日) | 編集 |
長く向き合ったキャラクターについて、考えていたことを作品オタクな目線で書き綴っておく「メゾン高城」
いつかこの役に再会する時やこの役に力を借りたい時用のメモみたいなやつです。

クレプトキングを楽しんで下さった方にはなるほどなーな部分もあるかも知れません。

観てないよ!な方には訳わからないかもですスミマセン。



ENG様。いつも大きなチャレンジを与えて下さるカンパニー様でして。

今回のレンは、、言うなれば、、


クレプトキング・レン

ショタジジイ

なわけです。

声優的にはありそうな役どころなんですけども。
身を出すにあたっては、

ショタ部分に見た目が
ジジイ部分に中身が

引っかかるのです。
、、問題が両極端じゃん!!!

見た目はメイク・衣装でゲタ履かせていただいたとして、、あ、ちょっとダイエットもした☆

純粋に自分より年上って難しい。
その歳を生きたことが無いから感覚が追いつかないことが多いんですよね~。
ここが一番難しかったなぁ。

特殊な生き方をしてきた人なので、対・誰なのかで表現を大きく変えてみたりとか工夫しました。
稽古序盤にカイル役の高田淳さんが
「ワタクシ、人に仕えるのは得意でございます♪」
と言ってくれたのが無性に心強かったな(^O^)

んで、レンといえばギフトこと幻器!!
↓幻器に対する高城の個人的な見解です

国を統一するために大量に生み出し、部下に与えた「幻器」
革命戦争から時を経て所有者も変わった今、大きな力を持ち、尚且つバラバラに存在するそれは国家にとっては危険材料ですもんね。
民主主義の国を目指し政権を民へ譲渡したこともあり、自分の仕事の後始末として回収する!
ということなのでしょうかね。
天誅!の対象に関しては幻器関連+幼い日の月斗とのことから来る個人的な思想もあるのかな。

幻器とは、レンが与えた歯車がその人間のパーソナルに起因するアイテムに変化したもの。
だそうです。
なので、レンにとってはあの革命戦争を共に戦った仲間達の意志の残り香のようにも思えたりするんじゃないかなぁ~。
転移の万年筆と現所持者である山座皎を見据えたラス殺陣前。
その父である戦友・山座丈を思い出して
という演出には痺れました。

自分が歯車を貰ったらどんなアイテムになるだろう?
という妄想は楽しいですよね。
逆に、作中に出てきた幻器の最初の所持者ってどんな人だったんだろうみたいなプロファイリングも面白そう♪

実は幻器によっては顕現させた人についてプロットがあったものもあったんですよ☆

作・演出の宮城さんはお話を創る時に設定を細かく積み上げる人。
それこそ作中に全然出てこないところまで、です。
このレンという役に関してはまだまだかなーりの謎を残している、、ハズです。

今のところ色んな秘密道具をバンバン生み出せる謎の人、ですもんね。

同じように道具をポケットからガンガン出す有名なネコ型ロボットさんも、、
未来の世界からやってきたアンドロイドで、道具は未来デパートから取り寄せてる。
みたいな、ちょっとなる程な設定があるじゃないですか?

レンにもそういった部分がある、、あ、ロボとかじゃないと思うます。多分(笑)
いつかそういった話にも触れるチャンスがあったら嬉しいな~。

OPに込められたあそこのこととか話したい!!!

いずれにしても、クレプトキングの今後に期待ですね☆
わかんないけど、、どうか!!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。