声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピューパルメモリチケットの種類とお席について
2009年01月12日 (月) | 編集 |
チケットにはどんな種類があるの?

指定席ってどうやって決めてるの?

という質問をよくいただくので、少し解説を。。


入力ホームからご予約可能なチケットは、、

前売り券

当日精算券

の二種類です。

前売り券はフォーム入力後、劇団から届くメールの手順で銀行振り込みをしていただきます。
お手数をおかけしますが、当日までにチケットを郵送という形になるので、もぎりのみでストレスのない入場が可能です。

当日精算券は、受付にてお客様のチケットをお預かりしている方式です。

大きな利点は、当日までに銀行振り込み等の必要がないことです。
不利な点としましては、お一人ずつ受付にて精算をさせていただきますので、ご入場までに少々お時間をいただくことがございます。

そして最後に、ご予約フォームを使わない観覧方法といたしまして、
当日券がございます。
利点としましては、、急に観たくなった!場合や、追加で逆バージョンも観たい!となった場合です。
が、不利な点と大きなリスクが伴いますので、あまりお勧めは出来ません。。

・チケット代金が4000円になってしまう。
受付にてなるべくスムーズにご案内できるよう、前売り券、当日精算券を推奨している為です。
ですが、当日「高城元気扱いの当日券を」と仰っていただければ、前売り価格3500円で販売いたします。
受付から特に伺うことはありませんのでご注意下さいませ。

・チケット確保のお約束が出来ない。
販売開始の開演1時間前から、もしくはそれ以上並んでいただいても、お席をご用意できない場合がございます。
何枚の当日券を販売出来るか、その回ギリギリまで分かりません。

等です。



指定席の決定順につきましては、、、
一般的に観やすいとされている、ひな壇中央からの割り振りとなります。

制作システムの都合上、

前売り(早い)→前売り(ゆっくり)→当日精算券(早い)→当日精算券(ゆっくり)→当日券

の順にお席の手配をさせていただいております。

ご理解、ご協力の程、宜しくお願い致します。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。