声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
麻生蓮治
2008年05月15日 (木) | 編集 |
『ef - a tale of memories.』のDVD第6巻(最終巻)が発売されましたね。

12話。オープニングで早くも撃沈。
そう言えば、昨年のクリスマスイブは一人で録画した最終回を観てウルウルしてたっけ。

演じてる時は大丈夫だったんだけどな汗
いや、実際マイク前で泣き崩れる訳にはいかないけれどね。

自分の中の一部分を役と対話しつつ膨らませて演じるので、演じるキャラクター達はどこかしら僕の欠片を宿した分身になるのです。
蓮治は最初からシンクロ率高かったなぁ。。
あれこれ考えがちなわりに突拍子もないとことか、精神的にちょっぴりヒッキーなとことか、諦めが悪くて意外と頑固なとことか、、汗;
なもので、喋り方の端々に僕っぽさがみられるところが多い。

アニメにあまり詳しくない友人にみせると、大抵

「これもっきー(もっちゃん)じゃん」

って言われますvイヤン♪

魔法とかロボットとかもちろん大好き☆
でも恋愛事って身の回りにありえることじゃないですか?
千尋と蓮治は普通な境遇とは言いにくいですけど、きっと彼の立場にいたら同じような言動に及ぶと思います。高城。
だから蓮治がピンチの時は僕も頭抱えてたり。
休憩中、うぇうぇしていると、紘君が
「もっきー大丈夫かぁうししカラカラ」
なんて言ってくれてたのも楽しい思い出っす。

彼らのストーリーは一応の決着をみてますが、また蓮治を演じる機会があったら嬉しいなkirakira-2

などと、、あまり蓮治のことばかり書くと他の住人達がやきもち焼きそうなので、今日はこの辺で。



スポンサーサイト