声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
バースデーメモリ舞台裏 3
2009年10月07日 (水) | 編集 |
細羽蒼真

浅草へ移動中
9:34浅草到着予定

とは仕掛け人チームへ流れた指令メール。
全てが終わったあと、その日の伝達メールをまとめてもらったのです。


待ち合わせは10時。
少し時間があるから、浅草でお店を見てまわったりしました。

この浅草雷門というのは、インセクトメモリシリーズにおいて、ヒロインとのとても重要な場所なので、ここで皆が待っていて、おめでとーう!みたいな流れを予想してました。

甘かったけど。

待っていたのは怪党モンジロウこと、DMF代表宮城さん。
なんと、9時からスタンバイしてくれてたとか。
時間、潰しちまったよぅ。

前の日23時くらいまで一緒にいたから何とも不思議な感じ。

「あれ?箱木良子さん、、、、じゃあないよねぇ?」←蒼真で。

「箱木良子はここへは来ない。」

と情報をかけての人形焼き早食いチャレンジ。

詳しくは宮城陽亮さんのブログ参照っす。


ふふふ、高城、実は結構良く食べるんすよ。
お行儀良くはないけどさ、頬張って食べると幸せを感じるタイプです。
前日の餃子はあくまで「おつまみ」だったので♪


暗号形式の場所指定はここでもらったのが最初。
さほど難しくはないけど、間違えたらヤバイって感覚が難易度を高く感じさせるのでした。
だって、、、誰か待たせてるじゃん?きっと(笑)


次の場所の暗号文は脅迫文にありがちな全て新聞の切り抜きで作られてました。

人形焼5個に対してお茶一杯。
紙コップの底には暗号文が貼ってあったのだけど、
お茶をそそいでしまえば逆さにして見たりはしないだろうってアイディアが演出的。

「次の場所のヒントは既にお前が持っている」

と言われるまで気がつかなかった。
何て主人公チックなうっかりかと。


怪盗。
ではなく怪党。
作品の中では大勢の怪党が登場する。
いい奴も悪い奴もいる。どちらもほぼ犯罪者ではあるけども。
HUNTER×HUNTERのハンターみたいな感じ。
スポンサーサイト