声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
パイオニア
2010年03月23日 (火) | 編集 |
日本語って難しいと言われます。

他の国の言葉に通じているわけではないので比較はできないものの、確かにそうだよなぁと思う。

どんな時も使うであろう、一人称だけでもたっくさんあるもんなぁ。。

「わたし」「わたくし」「あたし」「あたい」「うち」「あちき」「おれ」「ぼく」「せっしゃ」「しょうせい」「じぶん」「おい」「おら」「わし」「わい」「おいら」、、、まだまだあるよねぇ。

ほんのちょっとの違いでその人の人格まで何となく表現できてしまう。繊細なものであります。

そんな中にあって「造語」ってのもどんどん生まれてたり廃れたり。

イミダスが毎年刊行されるのが良い例ですな。


でね。

「にけつ」「二ケツ」?

って言葉があるじゃない?

これ、僕が考えたんですけど

知ってました?
えぇ、知らないですよね。
僕も良くわからんのですよ。

小さい頃、家の前で遊んでる時に思いついて一緒に遊んでた子とプチブームな言葉になりました。

暫く月日は流れ、、、

学校でフと耳に飛び込んできた

「ニケツ」

という言葉。

あれ?
その言葉は僕ともう一人のなかの造語じゃなかったっけ????

何かの拍子に広まったのか?
と、ちょっと得意になってました。

が。

どうやら近所だけじゃなく、全国的に使われているようです!?

ねぇ、この言葉、皆誰から聞いた????

なんて今となってはこれを辿るなんて不可能だと思う。
でも、誰かから聞いた言葉じゃなかったように思うんだよなぁ、、







スポンサーサイト