声優、俳優として活動中の高城元気の個人ブログです。大事なことも日々のことも楽しく記録していけたらいいですねぇ~
バースデーメモリR5
2010年10月03日 (日) | 編集 |


行き先は大門だ。


珍獣を集めてるセンター、、


くっそ、ワカンネ。
Google検索にもよくわからないサイトしかひっかからない。


おちつけ、、推理するんだ、、
駅員さんに聞くか?

「珍獣集めてるところどこッスか?」


、、まるっきり怪しい人だ。
やめた。


珍獣から離れて考えよう、、大門、センター、、



、、わかった!



向かったのは、、



ポケモンセンター!!



休日のポケモンセンター。子供達に囲まれ待っていたのは、去年ミニ4駆勝負をしたアイツ。

「名前は?」

「怪党ポケモンマスター」
柔軟なやつめ。

で、やっぱりやるのね、ポケモン勝負。


相手が出してきたのは、、レパ、、何とか。ニックネームをカレライス。

こいつか!

殺るしか。

俺が出したのは、、ギラティナ。

形振り構っていられないっしょ、場所突き止めんのに時間かかったし。

で、圧勝。


「さて、情報は」

「くくく、何の事だ?」

は?

「間違った情報に踊らされたんじゃないか?」

そして更に現れたのは黒ハットを深く被った黒ジャケットの男。
場所がポケモンセンターじゃなければ普通のおしゃれさんだ。



腰のライダーベルトを除いて。


「お前は?」

「フッ忘れたのか、、?俺は怪党、、」

二人「ディケイド!!」


覚えているとも。
一年前、公衆の面前で恥ずかしい変身対決をした仲だ。

「間違った情報に踊らされたようだな細羽蒼真。カレーライス、、カレイ、、魚、釣り」


苦しいな、オィ。


しかし俺の脳裏に苦い敗戦の記憶が蘇る。
前回ボコボコに負けたんだっけか。


ってことは次の行き先はあそこね。


今日も一日ダッシュの予感。


次回はビデオ回そうなんて余裕言ってたのが懐かしいね。



バースデーメモリR6へ
スポンサーサイト